賞与を支給の有無は自由ですが、給与きめ太郎では、設定されたモデル年収を12か月で割れば月給だけで賞与は0で、14か月で割れば賞与は2か月分ということになると考えます。(月数によってモデル月額も変わりますのでご注意ください。)さらにその賞与も人に対する(基本給)部分と仕事に対する(仕事給)部分に中身が分かれるという考え方です。

従って、基本給部分に対する賞与は生活保障として必ず支給すべきですが、仕事給部分に対する賞与は成果によるものとされ支給の裁量を残しています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧