7つのできる事
1、人件費分析・・・現在の人件費の実態を把握し、課題を洗い出します。
2、目標設定・・・会社の成長の方向性を定め目標予算を設定します。
3、業務の手当化・・・今必要な業務を選別し手当として設定します。
4、明確な評価・・・「手当」ごとに業務を評価し等級を決定していきます。
5、給与に直結・・・生活を保障する「基礎給」と、手当を積み重ねた「仕事給」で視覚的な給与設定が可能になります。
6、コミュニケーション・・・給与や手当の内訳をしっかり社員に提示します。今後の働き方について話し合う機会となります。
7、柔軟な働き方・・・「業務」で評価するため同一労働同一賃金が可能になります。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧