ハラスメントとは

給与設計学

近年、ハラスメント問題は社会全体で深刻化しており、企業や学校だけでなく、
家庭や地域社会でも大きな問題となっています。

ハラスメントとは、相手に対して不快感を与える言動等によって、相手を不利益に扱い、
尊厳を傷つけることを指します。

ハラスメントにおいて、相手に対する言動が意図的であったかどうかは関係ありません。
行 為者自身に相手を不快にさせたり、傷つけたりする意図はなくとも、相手がそのように
感じたのであれば、ハラスメントが成立する可能性があります。

具体的には、以下のような行為がハラスメントに該当します。

セクシュアルハラスメント: 性的な言動や身体的接触による嫌がらせ

パワーハラスメント   : 職務上の優位関係を利用した暴言や嫌がらせ

モラルハラスメント   : 人格を否定するような言動や無視による嫌がらせ

ハラスメントは、被害者に様々な悪影響を及ぼします。

精神的な苦痛による、不安、恐怖、ストレス、うつ病などの精神疾患を引き起こす可能性が
ありますし、身体的な被害は頭痛、腹痛、不眠などの身体症状を引き起こす可能性があります。
又、仕事への集中力が低下し、職務放棄や退職につながる可能性があります。

・男女雇用機会均等法: 職場におけるセクシュアルハラスメントを禁止

・労働基準法: 職場におけるパワーハラスメントを禁止

・民法: 違法行為による損害賠償責任

ハラスメントは、決して許される行為ではありません。
被害者は一人で悩まず、周囲に相談し、適切な対応を取ることが重要です。

被害者が安心して相談できる体制を整備し、周囲の人々が声を上げやすい環境をつくる
必要があり、加害者に対して、ハラスメントの理解を深め、再発防止を図るための
指導・研修を行う必要があります。

ハラスメント行為を厳しく取り締まるための法制度の整備を推進する必要があります。

また厚生労働省が行った実態調査によるとハラスメントが起こりやすい職場には、
共通の特徴があります。
上司と部下のコミュニケーションが少ない又はない、残業が多く休暇を取りづらい職場、
業績が低下している又は低調である、従業員の年代に偏りがあるといった職場では、
パワハラもセクハラも起こりやすい傾向があります。


詳しくは以下の厚生労働省のHPから確認できます↓

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/seisaku06/index.html

このような結果からまずは社内の職場環境が大事だという事が分かります。
給与設計Proを使って職場の環境整備をしてみませんか?

「働くこと」の目的意識を社員と心から共有出来たらどんなに素晴らしいことでしょう。

きっと風通しの良い社員一人一人が生き生きと働ける会社になっていくはずです。

関連記事一覧