『給与きめ太郎』ストーリーブック

給与設計学

給与きめ太郎ストーリーブックへようこそ

中小企業の経営者であるあなたへ これから重要な話をします。

はじめまして。
私は湯布院で溝口会計事務所を経営している税理士の溝口康隆と申します。

mizoguchi01

私も皆様と同様に一中小企業の経営者です。私はいつも思います。

仕事って何だろうって。

会社が生きていくことは“社員が生きていくことと同義語”に等しいものだから。

働く事の“目的意識を社員”とこころから共有できたらどんなに素晴らしい事でしょう。今いる社員から「貴方の会社に勤めてよかった」と言ってもらえるそんな会社を創りましょう。その目的を達成するために具体化したのがクラウド型給与設計ソフト”給与きめ太郎”です。

平成28年ごろに給与きめ太郎の上位版を開発しました。名称を【給与設計Pro】に変更いたしました。

構想から20年、この開発ストーリーを共有出来たらと思い、ストーリーブックを作成しました。それでは給与を決めるソフトを作るという日本初の試みへのストーリーをご覧ください。

あなたの会社に勤めてよかった・・・

トップのあなたが見る夢は、社員みんなをリードする夢でもあるんです。

躊躇なんかしてないで飛び立ちましょう!
羽ばたける翼なら
もうあなたはすでに持っているんです。
飛びたいと思う気持ちが、
その羽を作るのだから・・・

働くことって本来は幸せにつながることなるのに・・・そうじゃない会社もある。

30年という時間がゆっくりと、この答を教えてくれました。

給与を決めるソフトを作るという日本初の試みへのストーリー

私はいつも思っていました。
仕事って何だろう?って・・・

どうせなら思いっきり楽しく仕事をしたいじゃないですか。充実した時間を過ごしたいじゃないですか。

そうすれば自分も、社会も幸せになれる・・・こんな素敵なことはないと思うんです。

そのお手伝いができるものが作れないか?
私は探し続けてきました。

経営者も社員も同じ方向を向いて、
同じ夢に向かって歩き出せたら・・・
こんな素敵なことはないですよね?
本気でできる!って思っています。
どうやったら可能になるのか?
私の想いを聴いて下さい。

storybook_40

30年以上かけて辿り着いた
この開発ストーリーに共感してくださる方が
全国に広がるといいなと思いながら・・・
あなたへの手紙のように語ってみました。

こんな会社が増えることが私の夢なんです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧