給与・賞与の決め方に迷いがある方へ

給与設計学

給与と賞与の決め方は、企業の規模や業種、職種によって様々です。
従業員のモチベーションや業績に大きな影響を与える重要な経営課題です。
しかし、多くの企業では、色々なものを試してはみたが、なかなかうまくいかず適切な
給与体系や賞与制度を構築することに苦労しています。

この記事では、給与と賞与の決め方に悩む経営者や人事担当者向けに、従業員の
モチベーションと業績を上げるためのポイントを5つ解説します。

  1. 目的を明確にする
    給与と賞与を決める前に、まずその目的を明確にすることが重要です。
    従業員のモチベーション向上: 従業員の貢献度を評価し、適切な報酬を与えることで、
    モチベーションを高める。
    人材の確保・定着: 競争力のある給与体系を構築することで、優秀な人材を引きつけ、
    定着を促進する。
    業績向上: 従業員の成果に報いる賞与制度を設けることで、業績向上に貢献する。

  2. 現状を把握する
    現在の給与体系や賞与制度を分析し、以下の点を確認する必要があります。
    給与水準: 業界平均や同業他社の給与水準と比較して、自社の給与水準が適切か
    どうかを判断する。
    給与体系: 基本給、賞与、各種手当などの構成要素が適切かどうかを判断する。
    賞与制度: 賞与の支給基準、支給額の決定方法、評価方法などを判断する。

  3. 制度を設計する
    目的と現状を踏まえ、具体的な給与体系や賞与制度を設計します。
    給与体系
    基本給: 職種、経験、能力などを考慮した基本給体系を構築する。
    賞与: 業績や目標達成度に応じて支給される賞与制度を設ける。
    各種手当: 住宅手当、家族手当、通勤手当などの各種手当を検討する。

賞与制度
支給基準: 業績、目標達成度、貢献度などを支給基準とする。
支給額の決定方法: 業績評価結果に基づいて、客観的な方法で支給額を決定する。
評価方法: 個人のパフォーマンスやチーム貢献度などを評価する。
運用方法
給与体系: 給与計算方法、支給時期などを明確にする。
賞与制度: 賞与の申請方法、支給時期などを明確にする。
コミュニケーション: 従業員に対して、給与体系や賞与制度について
分かりやすく説明する。

  1. コミュニケーションを図る
    従業員に対して、給与体系や賞与制度について分かりやすく説明し、理解を得る
    ことが重要です。
    説明会: 従業員全体を対象とした説明会を開催する。
    個別面談: 個別面談を通して、従業員の疑問や質問に答える。
    情報公開: 給与体系や賞与制度に関する情報を社内報やイントラネットなどで
    公開する。

  2. 定期的に見直す
    経済情勢や業績の変化に合わせて、定期的に給与体系や賞与制度を見直すことが
    重要です。
    ベンチマーク調査: 業界平均や同業他社の給与水準を定期的に調査する。
    従業員満足度調査: 従業員の給与に対する満足度を定期的に調査する。
    制度の改定: 必要に応じて、給与体系や賞与制度を改定する。

給与と賞与の決め方は、従業員のモチベーションと業績に大きな影響を与える重要な
経営課題です。
この給与の決め方ひとつで会社全体の生産性向上、社員のモチベーションアップ、
やる気を引き出すことが出来ます。
この記事で紹介したポイントを参考に、従業員の貢献度に報い、業績向上に貢献する
ような給与体系や賞与制度を構築しましょう。

弊社では御社の現状や問題点を把握できる人件費分析を無料でお試しいただけます。
経営指標で最も大きなウェイトを占めるのが人件費・給与です。
しかしながら、この本質的な指標の人件費・給与は、経営者でもなかなか
把握できていないものです。
そこで、経営指標として重要な人件費の現状を把握することが喫緊に取り組むべき
課題なのです!

経済産業省: 働き方改革: https://www.meti.go.jp/

参考資料
厚生労働省: 働き方改革: https://www.mhlw.go.jp/index.html

まずは「給与設計Pro 」で人件費の分析から始めてみませんか?

関連記事一覧