人材確保に悩む経営者へ:選ばれる会社になるための戦略と給与設計の重要性

給与設計学

多くの経営者が直面する課題の一つに、人材不足があります。どれだけ求人広告を出しても
反応が薄く、面接をしても採用に至らないと感じることはありませんか?
このような状況では、単に採用する側の立場に留まるのではなく、選ばれる側としての
視点を持つことが重要です。
企業が発信するメッセージ力と公正な給与設計が鍵を握るのです。

面接での第一歩:会社への理解を深める
面接の場では、まず応募者に会社の理解を深めてもらうことが最も重要です。
「この会社がいいと思った理由は○○」「だから自分はこの会社にひかれた」と
応募者に思ってもらうためには、自社の魅力を短時間で効果的に伝える力が必要です。

自社の魅力を最大限に引き出すために
自社の魅力を伝えるには、まず「仕事の棚卸し」を行うことをお勧めします。
他社と差別化できるストロングポイントを語るためには、企業の情報を整理し、
把握することが不可欠です。
以下に、よく挙げられるストロングポイントの例を示します

社長の個性的な魅力:リーダーシップやビジョンを持つ経営者の人柄や信念を伝える。
社員が熱い思いを持って働いている:情熱的なチームメンバーの姿勢や働き方を共有する。
組織のカラー:企業の文化や雰囲気を具体的に示す。
商品・技術力:独自の製品やサービス、技術の強みをアピールする。


中堅・中小企業であれば、「物事の決断が速い」「顧客との接点の近さ」「勤務地・職種が
選べる」といった特徴も強調できます。

公正な給与設計の重要性
応募者が企業を選ぶ際には、給与や福利厚生も重要な判断基準です。給与設計Proのような
ツールを活用し、公正で透明性のある給与体系を構築することは、優秀な人材を引きつける
ために欠かせません。具体的には以下のようなポイントが挙げられます。

明確な評価基準:給与がどのように決定されるかを明確にし、評価基準を透明にすることで、
社員のモチベーションを高める。

市場価値に基づいた給与設定:同業他社と比較して競争力のある給与を設定する。

公平なインセンティブ制度:成果に応じたインセンティブを設けることで、社員の
パフォーマンスを促進する。


会社の未来を見せることの重要性
しかし、会社側が発信するメッセージの中で最も重要なのは、会社の未来を見せることです。
例えば、「うちは経営が安定しているので心配いりません」という伝え方では、「不安」を
「安心」に変えるには不十分です。安定している根拠を伝えるための情報が必要です。

具体的なビジョンや戦略を共有し、「この会社と一緒に成長したい」と思ってもらえる
ような未来像を描きましょう。
会社のビジョンや長期的な計画、新しいプロジェクトや市場展開など、具体的な展望を
示すことで、応募者に共感を呼びます。

仕事の棚卸しで得られるもの
仕事の棚卸しを行うことで、会社の現状を論理的に分析し、把握することができます。
これにより、以下のような効果が期待できます。

自社の強みと弱みを明確に把握:強みをさらに強化し、弱みを克服するための具体的な戦略を
               立てることができます。

論理的なコミュニケーション :応募者に対して、自社の魅力やビジョンを具体的かつ論理的
               に伝えることができるようになります。

一貫性のあるメッセージ   :面接官全員が同じメッセージを発信することで、応募者に対
               して一貫した印象を与えることができます。


未来を共有できる人材の確保を目指して
最後に、会社の理念や思い、未来を共有できる人材を確保するためには、経営者自身がその
ビジョンをしっかりと持ち、それを魅力的に伝えることが必要です。自社の現状を正確に
把握し、未来に向けた具体的なプランを示すことで、応募者に「この会社で働きたい」と
思わせる力を持つことができるのです。

会社の「仕事の棚卸し」と「給与設計の見直し」を通じて、自社の強みを再認識し、未来を
見据えた人材確保の戦略を立てましょう。これにより、魅力的な人材を惹きつけ、
企業の成長を促進することができるでしょう。

関連記事一覧