「仕事明細書」ってなに?

給与設計Pro

給与明細書では伝わらない、分からない、仕事の成果がわかる明細書です。

あなたは給与はどのように支払っていますか?

給与は現金支給ですか?それとも振込み?


 
以前は圧倒的に現金支給が多かった。

給料袋


何故でしょうか?
私も最初に貰った給与、今から35年も前の話。
封筒の中身を見るまで手渡しされた瞬間、その厚さ、重さ、
ちょっと小銭があって硬貨の重なる音を感じて、仕事の実感を味わったものです。


 
いかがでしょう。あなたもこんな体験ありませんか?


 
仕事に対する対価実感を味わうのはいつでしょうか?


 
今はほとんどが、預金通帳への振込み。支給日が来るのが待ち遠しい。
でもその日が来ても、給与封筒が机の上にあるだけ。報告書と一緒に並べられて置いてある。


 
いや直接手渡ししている場合でも、「給与」と書かれた封筒1枚、
重さもなければ、まして厚さなんかあるはずもない。
中をとりあえず開けてはみるものの、その中には小さい数字が細々と並んでいて、
いろいろ引かれ、最後に差し引き支給額。

ユニシロ給与明細


やっぱりこんなもんか。「給与明細」と書かれた欄を見ても毎月おんなじ。
基本給、諸手当、その他○○手当、やたら目に付く△の項目、税金、社会保険、××天引き。


 
大体、こんなイメージですね。


 
人が、1ケ月一生懸命働いて、その成果を評価して頂く対価が、
このような支給方法ではたして良いのでしょうか?


 
私は経営者ですが、支払う方も、頂く方も、
こんなやり方(単なる事務処理)でいいとは思えないのです。


 
若い頃、日雇いのバイトで貰ったその日の現金、これこそまさに、
「今日の~♪、仕事はつらかった。あとは~・・・♪」名曲、山谷ブルース(古い?)


 
でも仕事の実感は充分過ぎるほど味わえた。

いまさら現金支給に戻せとは言わないが、それに変わるものはないものか。
仕事の中身と実感を味わえる何か・・・。


 
実は、それが給与きめ太郎でつくる「仕事明細書」なのです。
この一枚で今月の仕事の中身がわかります。


 
給与明細書では伝わらない、解らない仕事の成果がわかるのです。


 
一目で、「何をしたから、何をしなかったからこうなった。
経営者はこうして欲しいんだ。こうあってもらいたいんだ。
」が伝わる明細書です。


 
こんな明細があればきっと、貰う方もココはこう評価して欲しい、
こんなコトを頑張りたい、
と話せる機会が生まれます。


 
言いたくてもなかなか言えない評価について、
この一枚でコミュニケーションができるのです。
 

signupnow_button

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧