毎日同じ作業?本当に同じ作業?

給与設計学

毎日同じ作業を繰り返す仕事は、単調で退屈と感じてしまうことがあります。

しかし、本当に毎日同じ作業をしているのでしょうか?


毎日同じ作業といっても、その内容は様々です。
単純作業にはデータ入力、レジ打ちなど、決まった手順を繰り返す作業があります。

ルーティンワークには 電話対応、メール対応など、毎日発生する決まった

業務などがあります。


また、創造性が必要な作業には デザイン、企画など、毎回新しいアイデアを
生み出す必要のある作業があります。

単純作業は、同じ手順を繰り返すため、一見同じ作業に見えます。

しかし、作業の精度やスピード、処理量など、人によって差が出ます。


また、作業中に工夫や改善点を見つけることで、単調な作業を効率化したり、

より良い結果を生み出すことができます。

ルーティンワークは、毎日同じような業務をこなすため、マンネリ化しやすいです。


しかし、業務の効率化や質の向上を目指して、常に改善していくことが重要です。


また、顧客とのコミュニケーションを大切にすることで、単調な作業に意味を

見出すことができます。


創造性が必要な作業は、毎回新しいアイデアを生み出すため、同じ作業はありません。


しかし、過去の経験や知識を活かすことで、より良いアイデアを生み出すことができます。

また、常に新しい情報や知識を収集することで、発想力を鍛えることができます。


このように毎日同じ作業に感じるルーティンワークでも、
より効率的なやり方、工夫をしている人としていない人では
やはり差があるのではないでしょうか。


横並びにして比較してみると見えてくるものがあると思います。
その差を手当にしていくことで生産性の高い社員には
高い給与額で、そうでない方はそれなりの給与額となります。


成果を出している社員には給与(賞与)で還元して上げたいですよね。

こういった感じで給与の額(手当額)を設計していきます。
まず、今支給している年収額を逆算して考えます。
組み替えるだけなので支給する人件費額は変わりません。

つまり、仕事を手当化して各社員に積み上げていきますが、現状の年収を超えるような

設定は行いません。


毎月決まった日に給与をただ支給するだけではなく、
より意味のある給与として支給しませんか?

関連記事一覧