事業継承を成功させるための第一歩

給与設計学

事業継承は、経営者にとって大きな課題です。
後継者選びから教育、事業の引き継ぎまで多くのステップを踏み、様々な課題を乗り越える
必要があります。


事業継承の最適なタイミングは、経営者や後継者の年齢、事業の状況、業界環境など、
様々な要素によって異なります。
一概に「これが正解」という答えはありません。
事業継承を始める前に以下の点を整理しておくことが重要です。

事業継承の必要性: なぜ事業継承が必要なのか、明確な理由を定める

事業継承の目標: 事業継承によって何を達成したいのか、具体的な目標を設定

事業継承のスケジュール: いつまでに事業継承を完了したいのか、大まかなスケジュールを
決める

・ 後継者選び
事業継承の第一歩は、後継者の選定です。

内部継承: 家族や従業員など、社内から後継者を選ぶ
外部継承: M&Aなどを通じて、社外から後継者を選ぶ

それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、自社にとって最適な方法を選択する必要があります。

・ 後継者教育
後継者が事業を継承できるよう、必要な知識やスキルを身につけるための教育が必要です。

OJT: 実際の業務を通じて、実践的なスキルを身につける
研修: 経営に関する知識やスキルを学ぶ
外部講師: 専門家による指導を受ける

・事業の引き継ぎ
後継者が事業をスムーズに引き継げるよう、計画的に準備を進める必要があります。

事業の棚卸し: 事業の現状を把握し、課題を洗い出す
事業計画: 事業継承後の事業運営計画を策定
資産の移転: 土地や建物、設備などの資産を移転
資金調達: 事業継承に必要な資金を調達

事業継承は、専門知識や経験が必要となる複雑な手続きです

・弁護士: 法務に関するアドバイス
・税理士: 税務に関するアドバイス
・経営コンサルタント: 事業計画策定、経営指導など専門家の活用

事業継承は、時間をかけて慎重に進める必要があります。
事前にしっかりと準備し、専門家のアドバイスを受けながら、円滑な事業継承を実現
しましょう。

関連記事一覧