世の中の全ての経済活動は人が行っています。 生産からサービス、消費もすべて人の活動です。 経営における人の活動、つまり「仕事」もすべて人が行います。 AIを使うにしろ、 AIに使われるにしろ、経営は人が仕事をすることには違いないのです。 これまで経営の三要素は「」「もの」「」と言われてきましたが、今はこの3要素に加え「情報」と「時間」を加えて、経営の五要素と言われるのが常識となりました。
 
その中で「人」と「金」と「時間」を同一に表す指標、いわゆる人件費についての重要性を今一度考えてみたいと思います。 経営は誰がするのか? それはすべて「人」がするのです。誰が、いつ、どこで、どのように、どれくらいの時間するのか? これが仕事です。 経営が成り立つかどうかもすべて「人」です。 利益の源泉も「人」なら、損失の源泉も「人」です。
 
ここで重要なことを申し上げます! 経営指標で最も大きなウエイトを占める人件費・給与こそ把握し分析しなければ健全な経営などできるでしょうか? しかしながら、この本質的な指標の人件費・給与は、経営者でもなかなか把握できていないものです。
 
そこで経営指標として重要な人件費の現状を把握することが喫緊に取り組むべき課題なのです!そこで、まずは、「給与設計PRO」で人件費の分析から始めてみませんか? リモートワーク時代だからこそ、現状分析の必要性は高まっています。今なら無料で御社の現状を分析いたします。
 



 

給与きめ太郎