ダウンサイジングに向かう日本で、中小企業が生き残り成長するための方法を公開します


本著は、従業員の給与と会社の利益を同時に上げるための給与体系の必要性と
それを実現させるための手段を提示しています。

仕事の価値を給与という価格で表すときに、時間という概念から解き放たれなければ、
真の働き方改革とはいえません。

無駄な残業を減らすには、労働生産性の向上が必要だが、生産性を上げるには、本来従業員の自立が不可欠です。

自立を促すために経営者はどのような給与体系を構築しなければならないのかといった点を、
具体例をあげつつシンプルに解説しています。

働き方改革を、本当に会社(経営者)と従業員両者にとって、WIN-WINの関係を構築するチャンスにするための必携の一冊です。

アマゾンからご購入頂けます。

給与きめ太郎