しかし、経営者であるあなたは
「社員が納得する給与体系の作り方が分からない」
「やる気がある社員を明確に評価するには?」
「会社の目標と社員の目標のベクトルを合わせたい」
「社員自らがイキイキと働ける職場を作りたい」
という想いや疑問を抱えながら、
果たしてどこから手をつけていいのか
答えが見つからないのではないのでしょうか?

私も経営者ですから溜め息をつきたくなる
お気持ちには共感します。

 

私はその解決法がないものかと
ずっとずっと探し続けてきました。

業績を考慮しながら、社員への期待を手当にして、
曖昧さのない、公平かつ明確な基準で給与が決められる仕組み
それを実現するソフトが、「給与きめ太郎」です。

つまり社員の給与体系を改革することが
会社の業績に繋がる最善で最短の手段なのです。

 

社員は最大の資産ではありますが、
やり方次第で最大の重荷にもなります。
社員の能力を活かせるかどうか
今後の中小企業の成功と失敗を大きく分けるのです。

storybook_107

大企業にとって、社員は歯車の一部にすぎなく、
取り替えも容易にきくかもしれませんが、
中小企業にとっては、どの社員も重要な歯車です。

いや、歯車という表現は適切ではないですね。
人数が少ないということ以上に
社員は同じ釜の飯を食った仲間なんです。

その大切なたいせつな人材が
年功序列のままだとしたら、
全員が年を重ね、全員の給与が上がることになります。
中小企業にはそんな余裕があるのでしょうか?

経営環境以上に社員個人の環境が変わるのです。
かといって若い人材に入れ替えは容易に出来ないのです。
この整合性を中小企業経営者はどう取るのでしょうか?

一律に人件費を減らしましょうと言ったって
社員から不満が上がりますね。

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

つづき

1 2

給与きめ太郎