oita_naka_01

1.給与設計士になった理由

民間企業の人事部の本社、支店、工場等で給与体系の分析、設計や給与計算に携わるとともに平成24年度から26年度にかけて大分労働局の雇用均等室の雇用均等コンサルタントとして、県内の事業所を回り、職務分析・職務評価の実施と処遇の均衡について説明をさせていただいてきました。

賃金の大幅な増額が見込めない昨今の経済状況で、総人件費を上げずに、その原資のなかで会社と社員が納得し、労働意欲を引き出す賃金体系が求められていることを痛感しています。 その実現のため、給与決めたろうに賛同し、給与設計士になりました。

2.給与きめ太郎について

今後ソフトの使い方等に習熟し、多くの経営者の役に立ちたいと思っています。

3.那賀社会保険労務士事務所について

民間企業の人事労務と行政(監督署・労働局・社会保険事務所)の職員と 官民双方の実務経験をもつ那賀社労士が代表を務める事務所です。

「何事もひとです。」を痛感し、その実現のために10年後、30年後の世の中を見据えて人財労務(①適材適所 ②やる気を引き出す労務管理 ③社員教育の充実 ④雇用管理を整備・向上させるための就業規則やその他の社内規程の充実」に実績のある社労士事務所です。

給与きめ太郎